高等遊民の雑記

30歳、無職。一念発起して音楽アルバム製作中。音楽、映画、美術、読書、その他日常の話を徒然なるままに。高等遊民の雑記。

鈍行の旅5日目

昨晩2時間近くかけて

帰路について考えた。

京都から地元まで

普通電車だけでは9時間以上かかる。

やってやれないことはない。

がしかしまったくやりたくない。

だが京都から新幹線に乗ってしまえば

時間の代わりに13000円くらいかかる。

これでは今までの苦労が台無しである。

 

そこで少々妥協して

途中から新幹線に乗ることにした。

なるべく金をかけず

時間を短縮できるルートを考えるのに

時間を要したのだ。

こういう力をつけられるのが

旅をする理由のひとつであろう。

 

京都には2日目にも訪れたが

そのときは東本願寺を見ただけだったので

新幹線を許したため少しだけ

観光する時間ができた。

6時に起きて身支度と朝食を済ませ

7時にチェックアウト。

鴨川を1時間徒歩で北上し

下鴨神社を目指した。

 

朝の鴨川沿いの散歩は

とても気分が良かった。

この道を歩くために

引っ越してくるのも悪くなさそうだ。

下鴨神社もよかった。

朝早かったので

他に観光客がいなかったのも大きいが

空気が澄んでいて穏やかだった。

御朱印受付時間でなかったのは無念だが

また来る理由ができたと思えば悪くない。

 

せっかくなので阪急にも乗ってみた。

赤が基調のラグジュアリーな外内装に興奮した。

これは特急だけの模様。

あとで各停にも乗ってみたが

そちらも落ち着いたデザインで気に入った。

 

阪急に乗って伏見稲荷に来た。

お参りをして

憧れていた千本鳥居をくぐった。

観光客が多く

皆がインスタ撮影のため鳥居内で立ち止まるので

歩きづらくて大変だった。

あまり集中できなかったので

ここもまたそのうち来よう。

閑散期に来なければいけない。

 

次に建仁寺に向かった。

俵屋宗達風神雷神図屏風

法堂の天井の双龍図

庭も見事だったし

仙厓義梵のような

達磨や◯△□モチーフの禅画も

思いがけず発見できた。

ここへ来た最大の理由が

写経体験だったのだが

拝観料や電車賃が嵩み

所持金が足りず断念せねばならなかった。

どの道有料電車に乗るのだから

金を下ろしに行けばよかったのに。

ここにもまた来なければならない。

次回の京都旅行は忙しそうだ。

 

建仁寺で足が冷え冷えになったところに

感じのいいブックカフェを見つけて

なけなしの金でココアを飲んだ。

こたつがあって助かった。

帰りがけに読むのにいい本を見つけたが買えず。

早く金を下ろさねば。

 

お金を下ろして12時頃電車に乗って

ここから5時間かけて浜松まで。

うたたねしながら4回乗り換えて

浜松についたのが17時。

元気の出るものを食べたい。

肉かうなぎがいいと思ってお店を探すも

なかなか決まらず結局ラーメンを食べる。

ここからは結局新幹線に乗った。

7700円くらい。

浜松でもっといいリフレッシュができれば

もう5時間の普通電車も耐えられたかもしれないが

気力が湧かなかった。

 

18キップの12000円と

新幹線の7700円

財布に入れた30000円は使い果たしたので

4泊5日で50000円使ったことになる。

日に1万円使った計算か。

ビンボー旅行と称した割には使ったか

明らかな無駄遣いもあったから

新幹線代と

あと5000円くらいは浮かせられたかも。

これほどの移動距離でこの出費で済んだのは

それはそれですごい気もする。

いい勉強になった。

 

帰宅して映画を観ながら寝落ちしてしまった。

とりあえず旅はここでおしまい。

年越し態勢に入らねば。