マッチボックス公式ブログ(仮)

ロックバンド、マッチボックスの公式ブログ。中身は日記です。軽めの読後感をお届け。

5秒

ゴールデンウィークは今日でおしまい。

サービス業に従事していた去年までは

ゴールデンウィークは繁忙期だったし

無職で迎えた今年は休日ですらない。

あまりゴールデンウィークに縁がない生き方をしている。

 

ロフトが見違えるように綺麗になって

個人的にはかなり満足のいく仕事ができた。

物置の荷物をロフトへ移すという

しんどい作業がまだあるし

物置自体の片付けは道半ばだしで

まだやることはたくさんあるのだけれど

一旦収束させて

英語の勉強の方にウェイトを置かないと

英検に落ちたら格好がつかない。

 

幸い、というべきなのか

ゴールデンウィーク明けの明日からは

しばらく雨が続く模様。

勉強するにはちょうどいい。

しかしゴールデンウィーク中は混むからと

敬遠していた事案が

今度は天気のせいで頓挫しかねない。

人間の脳は勝手に言い訳を作って

それをやらなくていい理由を上手に見つけてくる。

自分の敵は自分、と言うが

脳の機能と自らの意志とが

相反する立場にあるという

矛盾した存在である必要が

どこにあるのだろう。

人間とは不便なものだなと思う。

 

何かをやりたい、と思う。

それをやらなくていい理由を考える。

そして何もしない。

だったら最初から

何かをやりたい、なんて思わなくていいし

またはやりたいという気持ちを

わざわざ打ち消さないでほしい。

言い訳とは、自分で考えているようで

オートマチックに創出されている。

そう考えると脳という器官は

なんだか自分のようで

他人のようでもある。

めんどくさくて大変そうな事案を

どうにかやらせなくしてくる

怠惰な友人のよう。

 

それに負けてぼくは

惰眠を貪り

勉学を疎かにし

自らの夢さえも

徹底できずにいる。

そんな自分が嫌いで

仕事を辞めたはずなのに。

仕事がある、というのは

ぼくにとっては楽だったのだ。

もちろん残業だらけで体力的には

大変だったのだけれど

自分のやりたいことからは

目を背けていられたから。

 

これは優しさの瞬発力の件のときも書いたのだけれど

思いついたいいことを

やらなくていい理由を脳が勝手に考えてしまうので

その言い訳が仕上がる前に

動き出す瞬発力を持つか

あるいは言い訳を打ち消す馬力を持つか

どちらかと言えば前者の方が現実的だ。

その言い訳が仕上がるのに

5秒ほどしかかからないらしい。

つまり思いついたことは

5秒以内に動き出せば

脳に負けずに行動できるというわけだ。

これがコツなのだけど本当に難しい。

とにかくこのことを忘れずに

時間を大切に過ごそうと思う。

 

今日はブロンディのアルバムを順番に聴きながら

作業を進めていた。

こういうポップ・ソングをベースに

様々なジャンルの音楽を取り入れられるバンドが理想的。