マッチボックス公式ブログ(仮)

ロックバンド、マッチボックスの公式ブログ。中身は日記です。軽めの読後感をお届け。

トロールハンターズ 感想 ネタばれあり

ネットフリックスのアニメ

トロールハンターズを全部観終えたので感想文を。

 

平凡な高校生ジムくんがある日不思議なアミュレットを拾ったことから

物語は始まる。

アミュレットはトロールハンターに任命されたものだけに

魔法の力を授ける。

人間の知らない地下世界ではトロールが暮らしていて

平和的なトロールと破壊的なトロール(ガムガム種)の

争いが続いている。

トロールハンターはその悪もんのトロールから

普通のトロールを守るのが仕事。

なぜかそれに任命されたジムくんが

親友のトビーや恋人のクレアと一緒に

様々なミッションをクリアしていくというお話。

トロールハンター関連の仕事をこなしつつ

学園生活も両立しなくてはならず

その奮闘ぶりが面白い。

学園ものであるが故にバトルファンジー一色にならず

コメディやラブストーリーの要素が強いので楽しい。

キャラクターが魅力的でまったく飽きない。

 

シーズン3まであって

全部で60話くらいあるのかな。

ここからは少しネタバレになるけれど

あまりに切ない気持ちになったのであえて記します。

 

このジムくんの声優のアントン・イェルチン

トロールハンターズの収録を数話残して

自動車の事故で亡くなってしまった。

若干27歳。

そこでジムくんの声が変わるのが物語に反映されるよう脚本が変更された。

ジムくんはトロール界と人間界両方の危機を救うためさらなる力を求めて

魔法の力で半人間、半トロールの中間的な生物に変貌する。

一度その姿になったら元へは戻れない。

 

パワーアップしたジムくんの活躍によってラスボスが倒され

人間界に平和が戻るも

住処を追われたトロールたちの新たな居場所を探すため

ジムくんは旅に出ることになる。

もはや人間の世界には住めない。

 

これまでどれほどの困難であっても

仲間と一緒に乗り越えて

最後は笑顔で終われたのに

このラストシーンは

もはや元には戻らない様々なものへの悲しみや

それでも受け入れて進まなくてはならない決意に満ちており

敵には勝ったのにハッピーエンドという気分になれない。

そこがいい!というわけでもないし

こんなんじゃだめ、と批判したくなるわけでもない。

ただこの受け入れがたいラストを受け入れるのに

ぼくらもジムやトビーやクレアと

同じ気持ちにならざるを得ない、というかんじ。

本当にさみしい気持ちになった。

 

とても面白いのでぜひ観てください。

英語の勉強もかねて

字幕なしでもう一周観ようか検討中。